初心者もできる?信用取引

信用取引には一定の経験が必要になります

完全に株取引について初心者であるなら、そもそも信用取引口座を開設することができないので、もちろん信用取引もすることができませんね。信用取引口座を作る際には、証券会社の審査を受ける必要があります。その審査の中には、株取引の経験ももちろん含まれています。一年程度の経験がないと、信用取引口座を作ることは基本できません。
ただ、中には審査の甘い証券会社も存在しているので、チャンスがゼロだとは断言できません。資産の額が多いなど、他の分野で優れた評価を得られるのであれば、経験が薄くても信用取引口座を開設させてもらえるかもしれません。
信用取引は、証券会社が損をしてしまう可能性も含んでいるものなので、一定レベルの経験があった方が、口座が作りやすくなるのです。

まずは一般口座で株の基礎について勉強するのがベスト

完全な初心者が信用取引に手を出すと、最悪の場合には非常に大きな損失を出してしまう可能性もあります。現物株ならどれだけ失敗をしても借金になってしまうことはありません。所有している株の価値が下がっていってしまったとしても、基本的には資産がゼロになることは稀です。ただ、信用取引ではマイナスが出てしまうこともあります。負ければ借金になる取引にも手を出せるというのが、信用取引の特徴なのです。ですから、一定の経験があった方がいいというわけなのですね。
適切に信用取引ができるように、一年程度は一般口座で現物株の運用をしてみるのがいいでしょう。その中で、リスクやリターンについて勉強をしていくと、いざ信用取引を始めてからでも借金を作ってしまう可能性が減ります。

© Copyright A Trader's Guide. All Rights Reserved.